2013.03.15

フライブルクを警戒するクロップ監督「100%以上の力が必要」

クロップ
ドルトムントを指揮するクロップ監督 [写真]=BVB.jp

 16日に行われるブンデスリーガ第26節で、ドルトムントとフライブルクが対戦する。ドルトムントを率いるユルゲン・クロップ監督は、同試合について、「100パーセント以上の力が必要」と語り、リーグ戦で8位に位置するフライブルクを警戒した。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 クロップ監督は、フライブルクについて、「驚くほど良いシーズンを過ごしている」と評価。続けて、「前線に誰もいないと思ったら、いきなり5人が上がってくることもある。彼らはバラエティーに富んだ攻撃を仕掛けてくるんだ。我々は最低でも100パーセントの力を出さなければいけないね」とコメントし、対戦相手を警戒した。

 また、クロップ監督は、ここまでのリーグ戦を振り返り、以下のように語っている。

「我々は2位につけているが、手放しで喜ぶことはできない。勝てる試合を落としてしまったことが何度かあるからね。でも、ブンデスリーガを引っ張っていけるぐらいの結果は出せていると思う」

 ドルトムントは、リーグ戦25試合を消化し、勝ち点46で2位。優勝した昨シーズンの同時期より、10ポイント多く勝ち点を積み上げているが、首位を走るバイエルンに勝ち点20の差をつけられている。

[写真]=BVB.jp

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る