FOLLOW US

清武が11戦ぶり今季4点目…先制弾でニュルンベルクの勝利に貢献

先制点を挙げ、喜ぶ清武 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第25節が8日に行われ、アウクスブルクと日本代表MF清武弘嗣、MF金崎夢生の所属するニュルンベルクが対戦。清武は先発出場、金崎はベンチスタートだった。

 4試合連続ドロー中のニュルンベルクは、アウェー戦に臨むと劣勢に立たされるが、21分に清武が先制ゴールを奪う。自陣からのロングボールに対し、トマシュ・ペクハルトがヘディングで左サイドに落とすと、アレクサンダー・エスヴァインが抜け出して、ゴール前にクロスを供給。グラウンダーのボールをペナルティエリア中央に走り込んだ清武が、左足のダイレクトシュートで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 清武の11試合ぶりとなる今シーズン4点目で先制したニュルンベルクだったが、36分にミスから失点を喫してしまう。左サイドからクロスを許し、ゴール前でアウクスブルクのトビアス・ヴェルナーにヘディングで合わされると、GKラファエル・シェファーが痛恨のキャッチミス。正面に飛んできたシュートを掴み損ねると、ボールはシェファーの股の間を通り、ゴールに吸い込まれた。

 ニュルンベルクはミスからの失点で追いつかれると、同点後も劣勢に立たされたが、前半を1-1で折り返す。後半に入ると、53分に清武がゴール前でファウルを受け、FKを獲得。エスヴァインが強烈なグラウンダーのシュートを突き刺し、再び1点のリードを得た。

 勝ち越したニュルンベルクは、3点目を奪うチャンスを作りながらも追加点には至らなかったが、2-1のまま逃げ切り、5試合ぶりの勝利。6試合負けなしの勝ち点31で、暫定11位に浮上した。敗れたアウクスブルクは、勝ち点21のままで16位となっている。なお、清武は84分までプレーし、金崎に出場機会はなかった。

[写真]=Bongarts/Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO