2013.03.03

清武FKからPK獲得で先制もニュルンベルクは4戦連続ドロー決着

清武弘嗣
82分までプレーした清武 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第24節が2日に行われ、日本代表MF清武弘嗣、MF金崎夢生の所属するニュルンベルクとフライブルクが対戦。清武は6試合連続の先発出場、金崎はベンチスタートとなった。

 ホームでの試合に臨んだニュルンベルクは、33分に清武のFKの流れからペナルティエリア内での相手のハンドによりPKを獲得。これをティミー・シモンスが決めて先制に成功する。

 前半を1点リードで折り返したニュルンベルクだったが、清武がベンチに下がった直後の83分、フライブルクのジョナタン・シュミに同点ゴールを許してしまう。試合はそのまま終了し、1-1の引き分けに終わった。なお、金崎に出場機会は訪れなかった。

 ニュルンベルクは、リーグ戦4試合連続の引き分けで、勝ち点28の12位につけている。一方、フライブルクは、4試合負けなしで、勝ち点36の5位となっている。

[写真]=Bongarts/Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る