FOLLOW US

2位ドルトムントが痛恨のドロー…首位バイエルンと勝ち点17差

 ブンデスリーガ第23節が24日に行われ、ボルシアMGとドルトムントが対戦した。

 アウェー戦に臨んだ2位のドルトムントは、31分にマリオ・ゲッツェがPKを獲得。先制の大きなチャンスを得ると、ゲッツェ自身がPKを蹴り込み、先制点を奪った。

 ドルトムントは前半を1点リードで折り返すが、追加点を挙げられないままにいると、67分に失点。ボルシアMGのアミン・ユネスにゴールを許して、試合を振り出しに戻されてしまう。

 同点後は互いに決定機を得ながらも、勝ち越し点は生まれず。1-1のままタイムアップを迎えた。8試合ぶりのドローとなったドルトムントは、勝ち点43で2位は維持したが、首位のバイエルンとは勝ち点17差となった。一方、勝ち点31のボルシアMGは、10位に位置している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA