2013.02.23

ドイツ期待の新星ドラクスラー「内田は頭がいいし、シャルケに不可欠な存在」

 シャルケに所属するドイツ代表MFのユリアン・ドラクスラーは、『ワールドサッカーキング』(0307号/発売中)のインタビューに応じ、若くしてサッカー選手として台頭できた理由や自身の目標、さらに同僚の日本代表DF内田篤人について語った。

『ワールドサッカーキング』最新号の特集では、「新・最強世代を探せ!」と題し、1990年代生まれの若手プレーヤーにスポットを当てている。ドラクスラーは1993年生まれの19歳。18歳の時にドイツ代表でデビューを果たした新星で、同国で最も注目を集めている若手の一人だ。

 ドラクスラーは自身が成長できた理由について、「(シャルケのユースチームで)自分を信じることを学んだんだ。ポテンシャルに恵まれた選手はたくさんいるけど、全員が成功できるわけじゃない。そんな中で、最後まで諦めなかったおかげでプロになることができた」とコメント。才能はもちろんだが、何よりもメンタル面の充実が成功へのカギだと指摘した。

 目標について問われたこの18歳は、「やっぱりエジルだな」と即答。現在、レアル・マドリーとドイツ代表の主軸としてプレーしているこの司令塔が、自身と同じシャルケユース出身であることから、「いつか彼のようにレアル・マドリーでプレーして、ドイツ代表のレギュラーになれるって勇気づけられる」と心情を明かした。

 また、チームメートの内田について問われると、「ウシー(内田の愛称)と仲良くなるのは難しいことじゃないよ。彼は本当に頭がいいし、もうシャルケに不可欠な存在といえるだろうね」と話している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る