2013.02.22

古巣との対戦を控えるロイス「僕にとって特別なクラブ」

古巣であるボルシアMGへの想いを語ったロイス [写真]=BVB.jp

 24日に行われるブンデスリーガ第23節で、ボルシアMGとドルトムントが対戦する。ドルトムントに所属するドイツ代表MFマルコ・ロイスが、古巣であるボルシアMGへの想いを語った。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 2009年から2011年まで、3シーズンをボルシアMGで過ごしたロイスは、同クラブについて、「今の僕を育ててくれたのはグラッドバッハだ」とコメント。続けて、「これから先もずっと、僕にとって特別なクラブであり続けるだろう」とし、古巣への想いを語った。昨年9月の第6節で対戦した際には、ロイスの2ゴールもあり、ドルトムントが5-0で快勝したが、同選手は派手なゴールパフォーマンスを控え、古巣への敬意を表している。

 ロイスは今シーズン、リーグ戦22試合に出場し、11得点を挙げている。

[写真]=BVB.jp

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る