2013.02.21

ヴォルフスブルクの長谷部「監督交代から本当に多くの事を学んだ」

バイエルン戦でリベリー(右)と競り合う長谷部(左) [写真]=佐藤博之

 ヴォルフスブルクに所属する日本代表MF長谷部誠が、ディーター・ヘッキング監督への賛辞を語った。クラブの公式HPが伝えている。

 長谷部は、15日に行われたブンデスリーガ第22節のバイエルン戦を振り返り、「また先発できて、非常に嬉しい」と、2013年で初となる先発出場に関してコメントした。

 今年から指揮を執っているヘッキング監督についても言及して、「僕としては先発出場したい気持ちはあります。しかし、最初の数試合で途中出場でも起用し続けてくれ、信頼を見せてくれていたと思います」と語るとともに、賛辞を送った。

「僕がプレーするかしないかに関係なく、彼は非常に良い監督だと思いますね。戦術面を重視するとともに、選手達とも多くの会話をします」

 2008年のヴォルフスブルク加入以来、6人目の監督となるが、「監督交代から本当に多くの事を学びました。このような状況からでも普段から、サッカー以外の部分で、人生のために重要な経験を積む事ができますね」と語り、前向きに捉えている。

 長谷部はヴォルフスブルクで6年目となる今シーズン、リーグ戦で13試合に出場して1ゴールを挙げている。

[写真]=佐藤博之

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る