2013.02.16

フランクフルトとの上位対決前にクロップ「攻撃時の守備に注意」

ピシュチェク
昨年9月の対戦では3-3の引き分けに終わったドルトムントとフランクフルト [写真]=BVB.jp

 ブンデスリーガ第22節で、ドルトムントと日本代表MF乾貴士が所属するフランクフルトが16日に対戦する。ドルトムントのユルゲン・クロップ監督が、試合に向けての意気込みを語った。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 現在、勝ち点39で2位のドルトムントと同37で4位のフランクフルトの上位対決となるが、「フランクフルトは、攻守の切り替えがとても早く、いいサッカーをしている。彼らは、素晴らしいシーズンを送っているし、この先、崩れる要因も見当たらない」と、クロップ監督は敵チームに賛辞を贈る。全ポジションに素晴らしい選手がいると話した上で、「(最近は)アレクサンダー・マイヤーが再び輝いているね」と、今シーズンのリーグ戦全試合に先発しているマイヤーの名を挙げて警戒感を示した。

 昨年9月25日に行われた第5節で対戦した両者だが、フランクフルトのホームで行われた試合は、打ち合いの末、3-3の引き分けに終わっている。クロップ監督は、「攻撃している時の守りを注意しなければ」と、守備をキーポイントとして挙げている。

[写真]=BVB.jp

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る