2013.02.10

レヴァークーゼンがボルシアMGと打ち合いドロー…細貝は途中出場

 ブンデスリーガ第21節が9日に行われ、ボルシアMGと日本代表MF細貝萌の所属するレヴァークーゼンが対戦した。細貝はベンチスタートだった。

 アウェー戦に臨んだレヴァークーゼンは、前半終了間際の44分に先制点を奪われるが、52分にシドニー・サムが同点ゴールを挙げた。58分に失点して勝ち越されたが、直後の60分にシュテファン・キースリンクのゴールで再び追いつくと、64分にはアンドレ・シュールレが逆転ゴールを決め、一気に試合をひっくり返した。

 逆転後には80分に細貝を投入するなど逃げ切りを図ったが、終盤の86分に痛恨の失点。3-3のドローに持ち込まれた。なお、ボルシアMGは2試合、レヴァークーゼンは3試合勝ちなしとなっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る