2013.02.10

乾、清武の日本人対決はドロー決着…金崎はブンデスデビューならず

清武弘嗣
試合前の乾(左)、清武(中央)、金崎(右)の3選手 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第21節が9日に行われ、日本代表MF乾貴士の所属するフランクフルトと日本代表MF清武弘嗣、MF金崎夢生の所属するニュルンベルクが対戦。乾と清武は先発出場、金崎はベンチスタートだった。

 フランクフルトのホームで行われた試合は、アウェーのニュルンベルクが前半から幾度か決定機をつかむ。しかし、フランクフルトのGKケヴィン・トラップが好セーブを連発したこともあり、前半はスコアレスで折り返した。

 後半に入っても、互いにゴールを奪えずに時間が経過。最後まで、ともに決定打を欠いて0-0のままタイムアップを迎えた。フランクフルトは8試合ぶり、ニュルンベルクは3試合ぶりのドローとなっている。

 なお、乾は72分までプレーし、清武はフル出場だった。金崎に出場機会はなく、ブンデスリーガデビューはならなかった。

[写真]=Bongarts/Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る