2013.02.09

6選手欠場の可能性があるドルト「大声援というビタミン剤が必要」

クロップ
ドルトムントを率いるクロップ監督(左) [写真]=BVB.jp

 ドルトムントのユルゲン・クロップ監督が、9日にホームで行われるブンデスリーガ第21節のハンブルガーSV戦を前に、意気込みを語った。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 クロップ監督はハンブルガー戦を前に、「ホームは常に最高の雰囲気だけれど、9日はこの1週間の練習で欠けていた数パーセントの力を選手が引き出せるように、普段以上に盛り上げて欲しい。我々には大声援というビタミン剤が必要になるね」とコメント。一方で、6選手が欠場する可能性もあり、「ピッチに11人を送り込むことは確かだけれど、問題はしっかりと試合ができるようにポジションを埋められるかどうかだね」と、懸念も示している。

 なお、クラブの発表によると、ドイツ代表DFマルセル・シュメルツァー、同代表MFケヴィン・グロスクロイツの2選手は、すでにハンブルガー戦の欠場が確定。内転筋を痛めているドイツ代表MFマルコ・ロイスやインフルエンザにかかっている同代表MFマリオ・ゲッツェのほか、ポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェク、ドイツ人GKロマン・バイデンフェラーにも欠場の可能性がある。

[写真]=BVB.jp

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る