2013.02.04

ドルト、レヴァークーゼンとの上位対決制し2位浮上…細貝出場せず

敵地で上位対決を制し、2位に浮上したドルトムント [写真]=千葉格

 ブンデスリーガ第20節が3日に行われ、日本代表MF細貝萌の所属するレヴァークーゼンとドルトムントが対戦。細貝はベンチスタートとなった。

 試合は、序盤からドルトムントが攻勢をかける。3分、ロベルト・レヴァンドフスキのスルーパスに抜け出したマルコ・ロイスが相手GKとの1対1を、冷静に頭上を越すループシュートで制して、先制する。9分にはレヴァンドフスキがペナルティエリア内で倒されてPKを得ると、ヤクプ・ブワシュチコフスキが沈めて、ドルトムントが早々に2点のリードを得た。

 しかし、後半に入るとレヴァークーゼンが反撃に転じる。58分にシュテファン・キースリンクが、浮き球のパスを胸トラップすると、アプローチに行ったDFをボールを浮かしてかわし、そのまま中央へ折り返す。クロスをシュテファン・ライナルツが押し込んで、1点を返すと、4分後にはセットプレーから再びライナルツが決めて、レヴァークーゼンが同点に追いつく。

 だが、ドルトムントは同点とされた1分後に、相手の不用意なバックパスをブワシュチコフスキがカットし、シュートを放つ。GKが弾いたこぼれ球をレヴァンドフスキが詰めて、勝ち越しに成功。これが決勝点となり、ドルトムントが3-2で勝利した。

 ドルトムントは、リーグ戦4連勝で勝ち点39に伸ばし、レヴァークーゼンをかわして、2位に浮上した。なお、細貝に出場機会は訪れなかった。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る