2013.02.04

清武が9試合ぶり6アシスト目で決勝点演出…金崎はデビューならず

アシストで勝利に貢献した清武 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第20節が3日に行われ、日本代表MF清武弘嗣とMF金崎夢生の所属するニュルンベルクがボルシアMGと対戦。清武は先発出場、金崎はベンチスタートとなった。

 ホームでの試合に臨んだニュルンベルクは、開始早々の4分にPKを獲得。先制の大きなチャンスをティミー・シモンスが冷静に沈め、幸先良く先手を奪った。

 先制すると、30分にも中盤で清武が相手からボールを奪い、ドリブルで持ち上がりラストパス。ボールを受けたトマーシュ・ペクハルトが左足でシュートを蹴り込み、リードを2点に広げた。

 ニュルンベルクは、2点差のまま後半を迎えると、58分にボルシアMGに1点差に詰め寄られたが、2-1で逃げ切り、4試合ぶりとなる勝利を収めた。

 清武は、第11節以来9試合ぶりとなる今シーズンの6アシスト目を記録。2試合連続のフル出場で勝利に貢献した。なお、金崎は出場機会がなかった。

[写真]=Bongarts/Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
レアル・マドリード
48pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る