2013.01.29

独紙、乾の今季4アシスト目を高評価「目の覚める見事なプレー」

技術力を独紙に高く評価された乾 [写真]=原田亮太

 ブンデスリーガ第19節が26日に行われ、日本代表MF乾貴士の所属するフランクフルトと同代表MF宇佐美貴史の所属するホッフェンハイムが対戦。2-1でフランクフルトが勝利した。

 ドイツ各メディアが試合の採点を発表。1アシストを記録し、今シーズンのリーグ戦4アシスト目を決めた乾に対し、ドイツ紙『Frankfurter Rundschau』は、「十分合格、及第点(Ganz okay)」と採点し、「先制点では目の覚めるようなアシスト。見事なプレーだった。さらに、非常に高度なテクニックでカリム・マトムールの絶好のチャンスを御膳立てした。だが、この試合でも無駄な動きが多く見られた」と、乾の高い技術を評価したが、動きの面で注文をつけている。

 また、70分までプレーした宇佐美に対して、ドイツメディア『Sportal.de』は、「4」と低めの採点をし、「この日本人選手は目立つことのない午後を過ごしてしまった。17分にケヴィン・トラップにセーブされてしまったケヴィン・フォラントのシュートへのナイスアシストを除けば、攻撃面ではもっとできたはずだ。守備面では後ろのパトリック・オクスに任せきりということが多かった」と、守備での貢献度を高めることを求めている。

 なお、フランクフルトは勝ち点33で4位に位置しており、次節は2月2日にアウェーでハンブルガーSVと対戦する。また、勝ち点13で降格圏の17位に沈むホッフェンハイムは、同じく2日にホームでフライブルクと対戦する。

[写真]=原田亮太

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る