2013.01.27

デュッセルはボルシアMGに敗れ後半戦2連敗…大前は途中出場

 ブンデスリーガ第19節が26日に行われ、ボルシアMGとFW大前元紀の所属するデュッセルドルフが対戦した。大前はベンチスタートとなった。

 試合は、開始早々の6分にボルシアMGがオウンゴールで先制すると、14分にもルーク・デ・ヨングの右からの折り返しを、パトリック・ヘアマンが押し込み、追加点を得る。

 2点のリードを許したデュッセルドルフは、後半に入って50分にPKを得るとダニ・シャヒンが決めて1点を返す。しかし、その後は互いに得点は生まれず。2-1でボルシアMGが勝利した。

 ボルシアMGは3試合ぶりの白星で、公式戦9試合負けなしとなった。勝ち点を29に伸ばして暫定7位に浮上している。一方の敗れたデュッセルドルフはリーグ後半戦2連敗で、勝ち点21の14位となっている。

 なお、前節のアウクスブルク戦でブンデスデビューを果たした大前は74分から登場し、2戦続けて途中出場している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る