FOLLOW US

ドルトムントのクロップ監督「ホームでの成績には不満」

9月の第2節は、1対1で引き分けたドルトムントとニュルンベルク [写真]=BVB.jp

 ドルトムントのユルゲン・クロップ監督が、25日に行われる日本代表MF清武弘嗣が所属するニュルンベルクとの対戦を前に会見へ臨み、ホームでの成績の改善を誓った。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 今シーズン、ドルトムントはリーグ戦のホームでの戦績が、4勝2敗2分。これは連覇を達成した過去2シーズンの同時期と比べて、勝ち点が5ポイント低い。とりわけ最近の5試合では1勝2敗2分で、唯一の勝利が最下位のグロイター・フュルト戦で挙げたものとなっている。クロップ監督は、「ホームで勝ち点14という成績には納得がいっていない。まだ5試合しか戦っていないかのようだ。つまり、満足のいく勝ち点をホームで得られていない」と、自軍の成績に不満を示した。

 またクロップ監督は、「だから、試合を支配して、相手にチャンスを与えないようにすることが課題になる。攻撃面と同時に守備にも留意しなければならない。ニュルンベルクはプレッシングとカウンターを狙ってくるだろう」と続け、試合の展開を予想しつつ、ニュルンベルクを警戒している。

[写真]=BVB.jp

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO