2013.01.12

古巣ドルトムントに期限付き移籍で復帰のトルコ代表MFシャヒン「我が家に戻ってきた」

ドルトムントに復帰を果たしたシャヒン

 ドルトムントは11日、レアル・マドリードからトルコ代表MFヌリ・シャヒンを期限付き移籍で獲得したと発表した。ドルトムントは記者会見を行い、その模様を日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 会見に出席したシャヒンは、「我が家に戻って来られてうれしく思う。ドルトムントを離れてからもクラブ幹部や選手、スタッフとの連絡を絶やすことはなかった。チームの手助けをしていきたい」と喜びのコメントを残している。

 また、会見に同席したハンス・ヨアヒム・バツケCEO(最高経営責任者)は、「2011年にリーグ優勝を祝ったとき、ヌリ・シャヒンはこのクラブに重要な選手だから戻ってきたくなればドアを開けておくと言った。この数日でヌリは復帰を望み、実現したんだ。彼ほどの選手を迎えられることを幸せに思う」と話している。

 シャヒンは、ドルトムントの下部組織出身で2010-11シーズンのリーグ優勝に貢献すると、2011年夏にレアル・マドリードへ移籍する。しかし、けがで出遅れた影響もあり十分な出場機会を得られず、2012年8月にリヴァプールへ期限付き移籍した。だが、リヴァプールでもリーグ戦21試合を消化して7試合の出場にとどまっていた。

[写真]=BVB.jp

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る