2013.01.10

海外メディアが「ブンデスリーガでの日本人革命」を紹介

香川はドルトムントでリーグ連覇に大きく貢献した

『VAVEL.COM』のスペイン語版が、ブンデスリーガでの日本人選手の特集を組んだ。

「ブンデスリーガでの日本人革命」という特集内で、「近年、ドイツサッカーでは日本人選手の活躍が目立っている」と冒頭で紹介。ブンデスリーガは日本人選手にとってヨーロッパで名前を売るための絶好の場所、機会であると記載。ドルトムントにリーグ2連覇をもたらした日本代表MF香川真司の例を出し、ドイツでの成功後、マンチェスター・Uへステップアップしたと伝えた。また、ブレーメンなどに所属した元日本代表MFの奥寺康彦氏を「ドイツで活躍した日本人選手の先駆者」としても紹介した。

 日本人選手については、「彼らは似たような才能を備えており、ピッチ上でのスピードや卓越したテクニック、戦術にも従順。フィジカルは強くないが、ファイターであると言える」と分析している。また、ヴォルフスブルク所属の日本代表MF長谷部誠やシャルケ所属の日本代表DF内田篤人を指導してきたフェリックス・マガト氏の「日本人選手がブンデスリーガに迅速に適応することを確信していた」という言葉も掲載。また、ドイツでの日本代表選手の影響で代表が年を追うごとに良くなっているとも記載した。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る