FOLLOW US

ドイツ紙が大前の紹介記事を掲載「日本から来た“小さなライオン”」

現地メディアに“小さなライオン”と紹介された大前

 ドイツ紙『Westdeutsche Allgemeine』がこの冬に清水からフォルトゥナ・デュッセルドルフに移籍した大前元紀の特集記事を掲載し、「日本から来た“小さなライオン”」という見出しとともに紹介している。

 同紙は“小さなライオン”というニックネームは清水のアフシン・ゴドビ監督がつけたもので素早く、力強く、そしてボールキープ力に優れている大前のプレースタイルを表していると紹介。ブンデスリーガで最小身長選手となる大前自身のコメントも掲載している。

「Jリーグでも僕はいつも1番背の低い選手だった。僕にとっては普通のことです。小さな頃からヨーロッパでプレーすることを夢見ていました。フォルトゥナからオファーが来た時も迷いはありませんでした」

 一方、フォルトゥナ・デュッセルドルフを率いるノルベルト・マイヤー監督は「フットボールはできる。それは確かなようだね。どうなるかはこれから見ていこう」と大前の評価について慎重な姿勢を保っている。

[写真]=ムツ カワモリ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO