2013.01.06

乾が独誌のポジション別ランクでウイング部門の9位に選出…1位はリベリー

昇格1年目で4位に入るフランクフルトの躍進を支える乾

 ドイツ誌『キッカー』が、今シーズンの前半戦を終えてのポジション別ランキングを発表。ウイング部門で、フランクフルトに所属する日本代表MF乾貴士が選出された。

 ランキングは各選手を、ワールドクラスやインターナショナルクラス、次点、注目の順で選出。乾は、上から3番目にあたる次点に入り、ウイング部門の9位に選出された。

 ワールドクラスには、1位に選出されたバイエルンのフランス代表MFフランク・リベリーが唯一選ばれ、2位のバイエルンに所属するドイツ代表MFトーマス・ミュラー、3位のドルトムントに所属するドイツ代表MFマルコ・ロイスがインターナショナルクラスに入った。なお、次点には、8位のレヴァークーゼンのドイツ代表MFアンドレ・シュールレ、10位のシャルケのペルー代表MFジェフェルソン・ファルファンらがランクされている。

 乾は今シーズンのリーグ戦では、17試合に出場して5ゴールを記録していた。

[写真]=原田亮太

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る