2012.12.25

独誌がブンデス前半戦で活躍した各クラブの選手1名を発表…乾と清武が選出される

ブンデス前半戦で印象的な活躍を見せた乾(左)と清武

 ドイツ誌『キッカー』が、今シーズンのブンデスリーガ前半戦を振り返り、各クラブから印象的な活躍をした選手1名ずつを発表した。フランクフルトの日本代表MF乾貴士とニュルンベルクの同代表MF清武弘嗣が選ばれている。

 前半戦で5得点5アシストを記録した乾は昨シーズン、2部のボーフムでプレーしたが、「もっとスピードがありますね」と1部で過ごした半年間の印象を語った。また、サイドバックが高いポジショニングをとるフランクフルトでは、守備の負担が増えたのではないかと問われると、「確かにボーフムとは違います。でも多くを変えなければいけなかったかと言うと、そういう感じではないですね」とコメントした。

 3得点5アシストを記録した清武について『キッカー』は、「日本から来た完璧主義者」と見出しを付けた。C大阪でのプレーからロンドンオリンピック、A代表、ニュルンベルクとフルシーズン稼働した清武を評価。また、「彼はこの結果に満足していないだろう」と伝え、清武の通訳を務める山守淳平氏の「すべての日本人は完璧主義なんです」という言葉を引用し、清武はその代表例だと紹介している。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る