FOLLOW US

ヴォルフスがレヴァークーゼン下してドイツ杯8強…長谷部、細貝はフル出場

フル出場で勝利に貢献したヴォルフスブルクの長谷部(右)

 ドイツ・カップ3回戦が19日に行われ、日本代表MF長谷部誠の所属するヴォルフスブルクと日本代表MF細貝萌の所属するレヴァークーゼンが対戦した。長谷部、細貝ともに先発出場した。

 ヴォルフスブルクはホームでの試合を迎えたが、31分にレヴァークーゼンに先制点を献上してしまう。右サイドからクロスを上げられると、ゴール前のファグネルがクリアミス。ボールはそのまま、ヴォルフスブルクゴールを揺らした。

 ヴォルフスブルクは1点のビハインドを負ったまま後半を迎えたが、78分にクリスティアン・トレーシュが同点ゴールを奪取。試合を振り出しに戻すと、後半ロスタイムには、相手のクリアミスをバス・ドストが直接蹴り込み、試合をひっくり返した。

 土壇場で勝ち越したヴォルフスブルクは、2-1とレヴァークーゼンに競り勝ち、逆転でベスト8進出を決めた。なお、長谷部と細貝はともにフル出場している。

[写真]=Bongarts/Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA