2012.12.18

ドルトムントに朗報、ハノーファー戦を前に2選手の戦列復帰が近付く

復帰が近付くケール(右端)とシュメルツァー(右から2番目)

 DFBポカール(ドイツリーグカップ)の3回戦でドルトムントと日本代表DF酒井宏樹の所属するハノーファーが19日に対戦する。ドルトムントは、負傷や体調不良の選手が続出していたが、試合を前に朗報があったようだ。クラブ日本語公式HPで伝えている。

 ドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーは副鼻腔炎を患い、元ドイツ代表MFセバスティアン・ケールはひざを痛めて、それぞれ戦列を離れていたが、間もなく復帰できる見通しのようだ。

 ユルゲン・クロップ監督はシュメルツァーについて、「火曜日の練習に戻ってこられる可能性が非常に高い」と述べ、ケールについても「この数日サッカーに特化した練習メニューをこなした。何ができるのか見極めているよ」とコメントし、2選手の復帰が近いことを明かした。

 また、ハンス・ヨアヒム・バツケCEOは、カップ戦のタイトルを望んでおり、「ぜひ、ハノーファーに勝って年を越したい」と年内最終戦への意気込みを述べている。

[写真]=BVB.jp

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る