2012.12.15

宇佐美、ドルト戦でメンバー入りか…ホッフェン監督「オプションの1つ」

宇佐美は、今年最後のリーグ戦でメンバー入りなるか

 ホッフェンハイムのフランク・クラマー暫定監督が、日本代表MF宇佐美貴史を16日に行われるブンデスリーガ第17節のドルトムント戦で、メンバー入りさせる意向を示唆した。ドイツ紙『ライン・ネッカー・ツァイトゥング』が伝えている。

 クラマー暫定監督は、言葉の問題による戦術理解度の低さから宇佐美とスペイン人FWホセルを前節のハンブルガーSV戦では、ベンチ入りメンバーからも外していた。しかし、同紙に、「何回も聞けば、頭で上手に処理できるようになるものだよ」とコメント。また、ドルトムント戦についても、「彼らの体調は良く、もちろんオプションの1つだね。我々は10人の選手をメンバー外にできるほど、選手層が厚く無いんだ」と語り、宇佐美とホセルのメンバー入りを示唆した。

 宇佐美は今季のリーグ戦で13試合に出場して2得点を記録。ホセルも13試合出場で、チームトップの4ゴールを挙げている。

[写真]=原田亮太

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る