2012.12.14

年内最終戦に意気込む清武「体は限界間近だけど、試合はチャンスを活かしたい」

年内最終戦への意気込みを語った清武

 ニュルンベルクに所属する日本代表MF清武弘嗣は、8日に行われたブンデスリーガ第16節のフォルテュナ・デュッセルドルフ戦を風邪による体調不良で欠場したが、順調に回復しており、16日開催の次節ブレーメン戦に向けて意気込みを見せている。ドイツ紙『ニュルンベルガー・ツァイトゥンク』が清武のコメントを伝えている。

 ニュルンベルクは、チャリティー活動の一環として市内のクリスマスマーケットに出店し、清武もニュルンベルク名物のソーセージを焼くなど、ファンとの交流を図った。その際に清武は、「ニュルンベルクでの生活はとても楽しいですよ。家族と一緒に生活しているのでホームシックも無いですし」と今年夏からのドイツ生活についてコメントしている。

 清武は、週末の試合に向けて、「体は限界に近付いていると思います」とコメントし、ロンドン・オリンピック代表やフル代表としてもプレーし、1年間休み無く過ごした疲れを口にした。しかし、「ブレーメンは簡単な相手ではない、良いチームです。でも僕たちにもチャンスはあると思うので、それを活かさなければいけません」と年内最終戦に向けて、意気込みを語った。

[写真]=原田亮太

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る