FOLLOW US

シャルケが終盤に追いつきドローに持ち込むが4戦勝ちなし…内田はフル出場

右サイドバックでフル出場したシャルケの内田篤人

 ブンデスリーガ第15節が1日に行われ、日本代表DF内田篤人の所属するシャルケがボルシアMGと対戦した。

 内田が先発出場したシャルケはホーム戦に臨むと、ゴール前まで攻め込みながら得点できず、スコアレスで試合を折り返す。

 後半にも右サイドのジェフェルソン・ファルファンらが積極的に攻め上がるが、ゴールネットを揺らせないでいると、62分に先制点を奪われてしまう。ディフェンスラインのパスミスからボルシアMGのイゴール・デ・カマルゴに、GKとの1対1を決められてしまった。

 シャルケは、ホームで1点のビハインドを負うと、テーム・プッキ、チプリアン・マリカを投入して前線の駒を増やして同点を狙う。すると、86分に右サイドのプッキからのクロスをユリアン・ドラクスラーが押し込み、同点ゴールを奪った。しかし、追いついたものの勝ち越し点は挙げられず、1-1のドローでタイムアップ。リーグ戦4試合勝ちなしとなった。

 なお、内田はフル出場している。

[写真]=原田亮太

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO