FOLLOW US

フランクフルトが敵地で4失点を喫して2連敗…乾は後半途中までプレー

乾は、開幕から15試合連続で先発出場している

ブンデスリーガ第15節が11月30日に行われ、フォルトゥナ・デュッセルドルフと日本代表MF乾貴士の所属するフランクフルトが対戦。乾は先発出場した。

 アウェーに乗り込んだフランクフルトは、序盤にカウンターやセットプレーでチャンスをつかむ。しかし、スコアレスの34分にカリム・マトムールが2枚目の警告で退場処分となると、立て続けに失点。38分にシュテファン・ライジンガーに中央突破から先制点を奪われると、41分にもオリヴァー・フィンクに巧みなミドルシュートを決められて、フォルトゥナ・デュッセルドルフに2点のリードを許して試合を折り返した。

 フランクフルトは、後半に入っても58分に左サイドからクロスを上げられると、ナンド・ラファエルに押し込まれ、3点目を許した。その後も、選手交代で打開を図ったが無得点に抑えられると、85分にも失点。結局、0-4と完敗を喫して2連敗となった。

 なお、乾は72分までプレーしている。

[写真]=千葉格

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO