FOLLOW US

独2大メディアが清武にチーム最高評価、乾はチーム敗戦も及第点

今季2得点目を挙げ、喜ぶ清武

 ドイツ誌『キッカー』とドイツ紙『ビルト』が、ブンデスリーガ第14 節の採点を発表した。

 ニュルンベルク所属の日本代表MF清武弘嗣は、先制点のオウンゴールを誘発したFKを放ち、チームの勝利を決定づける今シーズン2点目を決めた。両メディアとも清武にチーム最高点を与え、『キッカー』は「1.5」、『ビルト』は「1」をつけた。

 また、フランクフルト所属の日本代表MF乾貴士はチームが敗戦した中で、両メディアとも及第点の「3」を与え、『ビルト』はチーム最高タイの評価となった。

 日本代表DF内田篤人が所属するシャルケは、『ビルト』が先発11人中9選手に「5」をつけ、内田もチーム最低タイ評価となった。

 採点がついた日本人選手は、以下の通り。(1が最高点、6が最低点)

■長谷部誠(ヴォルフスブルク) 
対ボルシアMG戦(0-2●) フル出場
『キッカー』:3.5 『ビルト』:4

■清武弘嗣(ニュルンベルク)
対ホッフェンハイム戦(4-2○) 先発出場、87分途中交代、1得点
『キッカー』:1.5(チーム最高) 『ビルト』:1(チーム最高)

■宇佐美貴史(ホッフェンハイム)
対ニュルンベルク戦(2-4●) ベンチスタート、46分途中出場
『キッカー』:4.5 『ビルト』:4

■酒井高徳(シュトゥットガルト)
対アウクスブルク戦(2-1○) フル出場
『キッカー』:3.5 『ビルト』:4(チーム最低タイ)

■内田篤人(シャルケ)
対ハンブルガーSV戦(1-3●) フル出場
『キッカー』:4 『ビルト』:5(チーム最低タイ)

■乾貴士(フランクフルト) 
対マインツ戦(1-3●) 先発出場、82分途中交代
『キッカー』:3 『ビルト』:3(チーム最高タイ)

■細貝萌(レヴァークーゼン) 
対ブレーメン戦(4-1○) フル出場
『キッカー』:4(チーム最低) 『ビルト』:3

[写真]=原田亮太

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA