FOLLOW US

今季2点目の清武「自分自身のベストゲームではなかった」

2得点に絡むプレーで勝利に貢献した清武

 ブンデスリーガ第14節が28日に行われ、日本代表MF清武弘嗣の所属するニュルンベルクと日本代表MF宇佐美貴史の所属するホッフェンハイムが対戦。ホームのニュルンベルクが4-2で快勝した。

 86分にチームの4点目を挙げた清武が、試合後以下のようにコメントした。クラブの公式HPが伝えている。

「自分自身のベストゲームではなかったですね。個人的にはマインツ戦の方が、良いプレーができていたと思います。僕としても、よりチャンスをうまく活用すべきですね。落ち着きが足りなかったですが、チーム全体のパフォーマンスは素晴らしく、得点できて嬉しいですね」

 なお、清武の得点は第3節以来、リーグ戦11試合ぶりの今シーズン2点目となっている。

[写真]=千葉格

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO