FOLLOW US

長谷部所属のヴォルフス、前半戦はケストナー暫定監督が指揮継続へ

ヴォルフスブルクは、長谷部(左)やジエゴ(右)の活躍もあり、順位を上げている

 日本代表MF長谷部誠の所属するヴォルフスブルクは、ブンデスリーガ第9節から指揮を執るロレンツ・ギュンター・ケストナー暫定監督に、リーグ前半戦の残り試合を託すことを決めたようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

 同誌は、スポーツディレクターのクラウス・アロフス氏が年内の指揮をケストナー暫定監督に託すことについて、「確信を持って言える」と断言したことを報道。暫定監督へのクラブからの信頼を伝えた。

 ケストナー暫定監督は、フェリックス・マガト前監督退任後からリーグ戦5試合を指揮。3勝1分け1敗と勝ち星を伸ばして、最下位から13位まで順位を上げていた。

[写真]=Bongarts/Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA