2012.11.20

アシスト記録の乾に対して独紙が高評価「あのアシストをできる選手は多くない」

アシスト記録の乾に独紙は高評価

 ドイツ各紙が、ブンデスリーガ第12節の採点を発表した。

 フランクフルトの日本代表MF乾貴士(vsアウクスブルク、4-2で勝利)に対して『Frankfurter Rundschau』は、「Gut dabei(良い働き)」と評価をつけ、「調子も底を過ぎたようだ。見事なパスを2本通し、そのうちの1本は2点目のゴールを導いた。そのようなプレー(アシスト)をできる選手はそう多くない」と寸評している。

 シュトゥットガルトの日本代表DF酒井高徳(vsボルシアMG、2-1で勝利)には、『Stuttgarter Zeitung』が「4」(最高点1、最低点6)をあたえ、「いつものように精力的なプレー。もっとも、深刻な結果を招きかねないひとつの単純ミスが後半通じての印象を曇らせてしまった」と伝えている。

 ブンデスリーガ2部のMF田坂祐介(vsザントハウゼン、5-2で勝利)に関しては、『Revier Sport』が「3」の及第点をつけ(最高点1、最低点6)「非常に活発でフィジカル面でも荒々しさがあった。前線へ数多くのクレバーなパスを送ることで、ボーフムのカウンターを何度か仕掛けた。さらに守備面でもボールを奪い取ることが度々あった」と高評価を与えている。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る