2012.11.18

ニュルンベルクが首位バイエルンに追いつきドロー…清武は先発出場

清武は、セットプレーから好機を演出した

 ブンデスリーガ第12節が17日に行われ、日本代表MF清武弘嗣の所属するニュルンベルクとバイエルンが対戦。清武は先発出場した。

 ニュルンベルクは、ホームに首位のバイエルンを迎えると、開始3分にトニ・クロースのアシストを受けたマリオ・マンジュキッチに得点を許し、早々にビハインドを負ってしまう。

 1点を追いかけるニュルンベルクは、バイエルンのカウンターに度々ゴールを脅かされるが、GKラファエル・シェファーの好セーブもあり、前半は1点差で折り返す。すると、後半開始直後の46分にマークス・フォイルナーが強烈なミドルシュートを叩き込み、試合を振り出しに戻すことに成功した。

 追いついたニュルンベルクは、67分には清武のFKからセバスティアン・ポルターがヘディングシュートを狙ったが、バイエルンのGKマヌエル・ノイアーに阻まれ勝ち越しはならず。76分にはティモ・ゲプハルトが、肘打ちの反則を取られ、2枚目の警告を受け退場処分となってしまう。

 数的不利に陥ったニュルンベルクは2点目こそ奪えなかったが、追加点も許さず、1-1のドローに持ち込んだ。なお、清武は80分に途中交代して、ピッチを後にしている。

[写真]=原田亮太

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る