2012.11.12

長谷部が細貝との日本人対決制す…ヴォルフス快勝、レヴァークーゼンは8試合ぶり黒星

先発出場で勝利に貢献した長谷部

 ブンデスリーガ第11節が11日に行われ、日本代表MF長谷部誠の所属するヴォルフスブルクと日本代表MF細貝萌が所属するレヴァークーゼンが対戦した。長谷部は右サイドハーフ、細貝は左サイドバックとして、それぞれリーグ3試合連続の先発出場となった。

 試合は開始早々動く。ジエゴがペナルティエリア外の中央やや左でファールを受けると、自身が直接FKを沈め、ヴォルフスブルクが先制する。さらに16分には左サイドからイビツァ・オリッチのグラウンダーのクロスをバス・ドストが落とし、ジエゴが右足で決めて、追加点を得る。

 攻勢のヴォルフスブルクは、29分には長谷部が細貝の裏を突き、惜しいクロスを供給する場面も生まれる。すると33分に裏へ抜けたマルセル・シェーファーの左サイドからのクロスにドストが右足で合わせ3点目を挙げ、前半で大きなリードを奪う。

 レヴァークーゼンは後半開始時に、細貝に代えてセバスティアン・ボエニシュ、イェンス・ヘゲラーに代えてレナト・アウグストと交代枠を2つ使い、局面の打破を狙う。しかし反撃は、ロスタイムに挙げたシュテファン・キースリンクの1点に留まり、3-1でヴォルフスブルクが勝利した。

 ヴォルフスブルクは今シーズン3勝目。敗れたレヴァークーゼンは8試合ぶりの黒星となった。

 なお、長谷部は89分までプレーした。

[写真]=Bongarts/Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
インテル
40pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る