FOLLOW US

清武がFKからアシストを記録…ニュルンベルクは敵地で敗れて今季6敗目

FKからアシストした清武は、ニュルンベルクの攻撃をけん引した

 ブンデスリーガ第11節が9日に行われ、マインツと日本代表MF清武弘嗣の所属するニュルンベルクが対戦。清武は先発出場した。

 前節に7試合ぶりの勝利を挙げたニュルンベルクだが、アウェー戦に臨んだ今節は序盤から劣勢を強いられる。12分には左サイドを突破されると、ニコライ・ミュラーに得点を許し、先手を奪われてしまう。

 敵地で1点のビハインドを負うと、21分にも失点。中央から崩されると、最後はスルーパスに反応したアンドレアス・イヴァンシッツにゴールネットを揺らされた。

 ニュルンベルクは、32分に清武がミドルシュートでゴールを狙うが、相手GKの好セーブに遭い得点ならず。しかし、40分には清武のFKをペア・ニルソンがヘディングで合わせてマインツゴールを破り、1点差に詰め寄った。

 1点を追う後半は、68分にFKからマインツにゴールネットを揺らされるが、オフサイドの判定で失点とはならなかった。74分には一気に3選手を入れ替えて同点ゴールを狙ったが、追いつくことはできずに、試合は終了。ニュルンベルクは、1-2と2試合ぶりの黒星を喫して、今シーズンの6敗目となった。

 なお、清武は3試合連続でフル出場している。

[写真]=Bongarts/Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA