FOLLOW US

酒井が先発したシュトゥットが王者ドルトと敵地でドロー…岡崎は途中出場

 ブンデスリーガ第10節が3日に行われ、ドルトムントと日本代表FW岡崎慎司、DF酒井高徳の所属するシュトゥットガルトが対戦。酒井が先発出場、岡崎はベンチスタートとなった。

 敵地に乗り込んだシュトゥットガルトだが、前半を無得点で終えると、選手交代で打開を図る。70分にズドラフコ・クズマノヴィッチ、88分に岡崎、後半ロスタイムにフランシスコ・ロドリゲスを投入した。

 しかし、交代策も実らず、結局0-0でタイムアップ。シュトゥットガルトの連勝は2で止まったが、リーグ戦5試合負けなしとなった。なお、酒井はフル出場している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA