FOLLOW US

乾が開幕10試合連続で先発したフランクフルト、ホームで最下位とドロー

5試合連続で途中交代となった乾(右) 

 ブンデスリーガ第10節が2日に行われ、日本代表MF乾貴士が所属するフランクフルトがホームで最下位のグロイター・フュルトと対戦した。

 乾が開幕から10試合連続で先発出場したフランクフルトは、開始1分に先制点を奪う。ゴール前でこぼれ球を拾ったアレクサンダー・マイアーが、ミドルシュートを突き刺した。

 試合開始直後に幸先良く先行したフランクフルトだが、その後は沈黙。追加点を奪えずに時間が経過すると、53分にはグロイター・フュルトに同点とされてしまう。

 追いつかれたフランクフルトは、57分に乾に代えてカリム・マトムルを投入。その後も選手交代で局面の打開を図ったが、勝ち越し点を奪えずに、1-1の引き分けで試合を終えた。

 [写真]=Bongarts/Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA