2012.11.02

スピード違反で罰金のバラック、「財産がない」と主張した弁護士をクビに…判決を受け入れへ

昨季限りで引退したバラックがスピード違反で罰金処分に

 バイエルンやチェルシーなどで活躍した元ドイツ代表MFミヒャエル・バラック氏が、スペインの裁判所からスピード違反のため1万ユーロ(約100万円)の罰金と、2年間の運転免許停止処分が言い渡された。イギリス紙『デイリーメール』など各メディアが報じている。

 バラック氏は10月17日、スペインの高速道路を制限速度が120キロのところを211キロと91キロオーバーで走行し、警察に捕まっていた。

 裁判でバラック氏の弁護を務めたヘスス・ガジェゴ氏は、「彼が有名な選手だからといって、財産を持っているわけではない」と主張。バラックが引退後、定職についていないため、収入がないことをアピールし、罰金の減額を求めていた。

 ドイツ紙『DIE WELT』は、バラック氏の声明を紹介。バラック氏は自分の弁護士の発言に納得がいかなかったようで、「彼は愚かな主張をした。すぐに解任したよ。裁判所の判決を尊重している」として、判決を受け入れるとコメントしている。

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る