FOLLOW US

長谷部所属のヴォルフスブルク監督「このチームには潜在的な力が眠っている」

 ドイツ・カップ2回戦が10月31日に行われ、日本代表MF長谷部誠の所属するヴォルフスブルクは、2部のFSVフランクフルトと対戦。2-0で勝利した。

 フェリックス・マガト前監督の後を引き継ぎ、就任して2連勝を飾ったギュンター・コストナー監督の喜びのコメントをヴォルフスブルク公式HPが伝えた。

「今季ホームでは1ポイントしか獲得していないだけに、難しい雰囲気だったよ。圧力がかかる中、選手たちは根気よくプレーしてくれた」とチームを称賛した。

 監督が「我々は一貫してサイドから攻めることができたし、サイドに選手が上がった時は常にチャンスが作れていた」とコメントしたように、この試合は長谷部が上げたクロスから先制点が生まれた。

 また、「私の目には、このチームには潜在的な何かがあるように映る。これで、チームは次のステップに進んだ。大いに満足しているよ」とコメントした。

 なお、長谷部は監督が交代してから2試合連続出場。初戦ではアシストも決めている。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA