2012.10.27

長谷部所属のヴォルフス新監督はオランダ前指揮官か「可能性のあるクラブ」

 日本代表MF長谷部誠が所属するヴォルフスブルクは、25日にフェリックス・マガト監督の退任を発表した。未定となっている後任監督だが、前オランダ代表監督のベルト・ファン・マルヴァイク氏が候補に浮上している。

 ユーロ2012でグループリーグ全敗に終わり、6月にオランダ代表監督を辞任したファン・マルヴァイク氏は、「再びクラブを率いる野心とエネルギーを 持っている」とオランダ誌『Voetbal International』のインタビューで語り、ヴォルフスブルクについても「可能性のあるクラブで今夏も多くの選手と契約したね」と興味を明かし た。

 マガト監督が退任したことで、後任監督として報道されていることについては、「具体的なことは何も決まっていないんだ。ヴォルフスブルクとは話し合いを持っていないよ。ただ、私の名前が後任候補として報じられていることは知っているよ」と語るにとどまっている。

 ヴォルフスブルクは今シーズン、ブンデスリーガ第8節を終えて1勝2分け5敗の勝ち点5で最下位に低迷している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る