2012.10.24

ドルトムントとシャルケ、“ルール・ダービー”での暴動を激しく非難

警察を挟んで睨み合うドルトムントとシャルケの両サポーター

 20日にブンデスリーガ第8節ドルトムント対シャルケの“ルール・ダービー”が行われたが、試合の前に大きな暴動がおき、200名あまりが逮捕されたと報道されている。

 ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケ会長が、暴動に対する声明を出した。クラブの日本語公式HPで伝えている。

「141回目のダービーはサッカーの祭典となるはずだった。だが、サポーターとは呼べない人間によって後味の悪さが残された。証拠映像を見て、警察、シャルケとともに協議して対応を決定する。重大な違反をした者にはスタジアムへの入場禁止処分などを科す。被害を受けた方々には心からのお詫びを申し上げる。今後、できる限りの手助けをしていく」

 またシャルケのクレメンス・テンニエスCEOも、「ダービーの勝利は喜ばしかったが、一連の騒動はショッキングなことだった。断固たる措置をとらなければならない」とコメントしており、ドルトムントと協力して、今回の事態に対処していくことを表明している。

 

[写真]=BVB.jp

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る