FOLLOW US

リベリー、ロッベンからの影響を語る宇佐美「彼らから多くのことを学んだ」

ブンデスリーガで長くプレーしたいと語った宇佐美

 今季バイエルンからホッフェンハイムへ移籍した宇佐美貴史のインタビューが、ブンデスリーガの公式HPに掲載された。

 今シーズン、ここまで2ゴール1アシストと好調を維持している宇佐美。現在の自身の状態について尋ねられると「ブンデスリーガは非常に快適で、それが僕のパフォーマンスにも影響している。でも、自分のプレーにはまだまだ改善の余地がある」とコメント。

 バイエルンで宇佐美の前に立ちはだかったフランス代表MFフランク・リベリーやオランダ代表FWアルイェン・ロッベンについては、「ワールドクラスの選手たちで、突破口を開くのは困難だった。でも、彼らから学ぶことも多かったし、自分の弱点を振り返ることができた」と2人の存在を自身の成長に繋げたと語った。

 日本人が多く活躍するブンデスリーガの現状については、「別に驚くことではない。日本には優秀な選手がたくさんいる」とし、日本人の問題とされていたフィジカルの弱さ、ゴール前での危険度の低さはどのようにして改善されたのかという質問には、「一番はメンタルの改善だと思う。日本人はみんな野心的に戦っている」と話している。

 最後に、ブンデスリーガをどのように評価するかと聞かれると、「サッカーのレベルが極めて高く、スタジアムの雰囲気が素晴らしい。できるだけ長くここでプレーして、ホッフェンハイムを成功に導きたい」とコメント。今後の意気込みを語っている。

 

[写真]=Getty Images

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA