2012.10.09

ヴォルフス戦で好パフォーマンスのシャルケ内田を独各紙が称賛

ヴォルフス戦の内田に独メディアの高評価が続く

 6日に行われたブンデスリーガ第7節で、シャルケの日本代表DF内田篤人はヴォルフスブルク戦で好パフォーマンスを見せ、3‐0の勝利に貢献した。ドイツ紙『Westdeutsche Allgemeine Zeitung(ヴェストドイチェ・アルゲマイネ・ツァイトゥング) 』は採点を発表し、「2」と高評価を与えた。(最高点1、最低点6)

 同紙は、「50分と70分に内田がボールを奪うと、フーブ・ステフェンス監督からは拍手が、そしてファンからは喝采が送られた。これらは、的確なタイミングでスライディングを仕掛け、再三に渡りヴォルフスブルクのゴールラインまで突破する右サイドバックのプレーヤーの高いパフォーマンスを評価するものであった。内田の今季ベストゲーム」と内田のプレーを寸評している。

 また、ドイツ誌『キッカー』は「2.5」、ドイツ紙『ビルト』は「2」を内田に与えており、ドイツ各メディアが高い評価を与えている。

 

[写真]=Getty Images

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る