2012.10.08

酒井高徳と細貝が出場したシュトゥット対レヴァークーゼンはドロー決着

リーグ戦4試合連続でフル出場となった酒井高徳

 ブンデスリーガ第7節が7日に行われ、日本代表FW岡崎慎司とDF酒井高徳が所属するシュトゥットガルトと日本代表MF細貝萌が所属するレヴァークーゼンが対戦。酒井が先発出場で、負傷の岡崎はベンチ外。細貝はベンチスタートとなった。

 試合は13分にステファン・キースリンクの得点でレヴァークーゼンが先制する。しかし、ホームのシュトゥットガルトも、19分にヴェダド・イビシェヴィッチがPKを沈めて同点に追いつくと、55分に再びイビシェヴィッチが得点して、勝ち越しに成功する。

 逆転を許したレヴァークーゼンだが、59分にキースリンクが2点目を挙げて、試合を振り出しに戻す。同点後は互いに勝ち越すことができずに、そのままタイムアップ。2-2の引き分けで終わった。

 なお、酒井はリーグ戦4試合連続でフル出場。細貝も76分から3試合連続の途中出場をしていた。

[写真]=原田亮太

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
リヴァプール
57pt
マンチェスター・U
56pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
65pt
アトレティコ・マドリード
55pt
レアル・マドリード
51pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
インテル
51pt
欧州順位をもっと見る