2012.10.05

内田、清武、乾、宇佐美、酒井高が先発予想…ブンデス第7節の独誌予想

今節も先発出場と予想された清武

 ドイツ誌『キッカー』は6日、ブンデスリーガ第7節の先発予想を発表した。

 日本代表DF内田篤人が所属するシャルケは、ホームに日本代表MF長谷部誠が所属するヴォルフスブルクを迎える。内田はサイドバックとして先発予想となっており、長谷部は今節もベンチ外予想となっている。

 日本代表MF清武弘嗣の所属するニュルンベルクは、アウェーでフライブルクと対戦する。清武は開幕から7試合連続の先発予想。連敗脱出に向けて、得点演出と自身のゴールに期待がかかる。

 また、MF宇佐美貴史が所属するホッフェンハイムは、現在リーグ首位のバイエルンとアウェーで激突。前節のアウクスブルグ戦を0-0の引き分けで終え、連勝ストップとなったが、首位バイエルンを相手に善戦し、再度勢いをつけたいところだ。

 日本代表MF乾貴士が所属するフランクフルトは、アウェーでボルシアMGと対戦する。乾はこの試合もスタメン予想となっている。

 酒井高徳と岡崎真司が所属するシュトットガルトは、7日にホームでレヴァークーゼンと対戦する。酒井は先発予想、第5節で負傷し、代表招集も見送られた岡崎は、ベンチ予想となっている。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る