FOLLOW US

危篤のヴクチェヴィッチ、両親が心境をコメント「彼が今戦っていることで希望を持てる」

 MF宇佐美貴史の所属するホッフェンハイムのドイツ人MFボリス・ヴクチェヴィッチは、9月28日午後に交通事故に遭い、危篤状態となっている。その中、3日にヴクチェヴィッチの両親がクラブを訪れ、クラブ公式HPを通じてメッセージを伝えている。

 ヴクチェヴィッチの両親は、「私たちにとって、ボリスが今を掴んでくれることが唯一の願いです。彼が戦ってくれていることで、希望を持たせてくれています。皆さんの信じられないほどのサポートに感謝しています。土曜日(9月29日)のスタジアムの雰囲気はとても感動的なものでした」と心境を語った。

 ホッフェンハイムのマルクス・バッベル監督は、「選手は、病院に行きボリスを励ますことを望んでいる。しかし、今は静かに見守ることが大切だ。なので、今日ご両親が来られたことは、ありがたいことだ。ここでの我々の思いが、少しでもボリスの助けになるかもしれないからね」とコメントしている。

 ヴクチェヴィッチに関してクラブは、現在も昏睡状態にあり、依然危険な状態が続いているようだが、徐々に安定してきていると報告している。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO