2012.09.18

独メディア、ボーフム田坂は「創造性を見せた」が「パスミスもあった」

 ドイツメディア『Revier Sport』と『Westdeutsche Allgemeine Zeitung』が、ブンデスリーガ2部の採点を発表し、ボーフム所属のMF田坂祐介に対してそれぞれ「3」「3.5」を与えた(ともに最高点1、最低点6)。

『Revier Sport』は「時として創造性とドリブルでの強さを見せ、そしてアグレッシブなディフェンスでチームのために動き回っていた。この日本人選手に肘鉄を見 舞ったビアロフカはレッドカードで退場させられてしかるべきであった。もっとも、審判がこのプレーを見逃していたため、試合は続行となった」と田坂を高く 評価している。

 一方の『Westdeutsche Allgemeine Zeitung』は「非常によく動き、ポジションも頻繁に変えていた。そのため、チームにあってはむしろ異質な存在に映り、前半だけでも6本のパスミスが あった」と、ポジションチェンジの多さが逆にチームの足を引っ張ってしまったのではないかと記している。

 ボーフムは次節、アウェーでデュースブルクと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る