2012.09.17

ブンデス第3節のベストゴール候補が発表、清武と宇佐美の初ゴールが選出

ブンデスのベストゴール候補に清武と宇佐美がノミネート

 ブンデスリーガは公式サイトを通じて、リーグ第3節のベストゴール候補5選手を発表した。ニュルンベルクの日本代表MF清武弘嗣とホッフェンハイムのMF宇佐美貴史が選出されている。

 清武はボルシアMG戦の55分に、相手DF2人をかわしてゴール左隅へ流し込むようなミドルシュートを決め、ブンデスリーガ初ゴールをマーク。これが決勝点となりチームを勝利に導いた。

 宇佐美は敵地に乗り込み、フライブルク戦に先発出場。2-3とリードされた76分にペナルティエリア外の中央から強烈なシュートを放ち、同点弾を決めた。チームはその後、2点を失い敗戦を喫してしまったが、こちらもブンデス初ゴールとなった宇佐美の得点もノミネートしている。

 候補は他に、ハノーファーの元ハンガリー代表MFサボルチュ・フスティ、シャルケのドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー、フランクフルトのドイツ人MFシュテファン・アイヒナーが選出されている。

 

[写真]=千葉格

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る