FOLLOW US

ブンデス初ゴールの清武「満足せず上を目指す」…敵将も絶賛

ボルシアMG戦でブンデス初ゴールをマークし仲間に祝福される清武

 日本代表MFの清武弘嗣が所属するニュルンベルクは15日、ブンデスリーガ第3節でボルシアMGと激突。この試合に先発出場した清武は、ブンデス初ゴールとなる決勝点を含む1ゴール2アシストの活躍を披露し、チームの勝利(3-2)に貢献した。

 ホームで敗れたボルシアMGのリュシアン・ファヴレ監督も試合後、「清武のゴールは本当に素晴らしかった。『なんてこった』と思ったよ」と肩を落とした。

 前節、王者ドルトムント戦(1-1のドロー)で、CKからブンデス初アシストを記録した清武は、ボルシアMG戦でもFKとCKから2アシストを記録。1-0で勝利したハンブルガーSVとの開幕戦でもCKから決勝点を演出するなど、ここまでニュルンベルクの総得点(5得点)すべてに絡んでいる。

 試合後、清武は自身のtwitterで「まだまだ満足せず上目指さな! もっと頑張ろう」とコメントし、ブンデス初ゴールにも満足せず、強い向上心を示した。

[写真]=千葉格

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO