2012.09.03

独紙が初アシスト記録の清武、乾に高評価…清武にはチーム最高点

ドルトムント戦で初アシスト記録の清武に独紙は高評価

 ドイツ誌『キッカー』とドイツ紙『ビルト』がブンデスリーガ第2節に出場した各選手の採点を発表した。日本人選手の最高評価は『キッカー』が、フランクフルトの乾貴士に付けた「2.5」。『ビルト』がニュルンベルクの清武弘嗣にチームトップの「2」と高評価を与えている。(最高点1、最低点6)

 なお、採点が付いた日本人選手は以下の通り。

清武弘嗣(ニュルンベルク) 『キッカー』:3 『ビルト』:2(DFティム・クローゼと並びチームトップ)

乾貴士(フランクフルト) 『キッカー』:2.5 『ビルト』:3

内田篤人(シャルケ) 『キッカー』:5(チーム最低) 『ビルト』:3

岡崎慎司(シュトゥットガルト) 『キッカー』:5 『ビルト』:6(チーム最低タイ)

酒井高徳(シュトゥットガルト) 『キッカー』:5 『ビルト』:5

田坂祐介(ボーフム・2部) 『キッカー』:3 『ビルト』:採点なし

 

[写真]=原田亮太

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る