2012.09.01

王者ドルトムントに挑むニュルンベルク清武は2試合連続先発か、独誌予想

王者ドルトムント相手に先発予想の清武は活躍が期待される

 ドイツ誌『キッカー』は、1日と2日に行なわれるブンデスリーガ第2節の予想スタメンを発表した。

 ドルトムントとホームで対戦するニュルンベルクの日本代表MF清武弘嗣は、開幕戦に続いて先発が予想されており、王者に対してどういった活躍をするか期待されるところだ。

 今節は日本人選手が所属するチーム同士の対戦が2試合あり、宇佐美貴史所属のホッフェンハイムと乾貴士所属のフランクフルト、長谷部誠所属のヴォルフスブルクと酒井宏樹所属のハノーファーが対戦。乾がスタメン予想となっており、宇佐美と酒井宏はベンチスタート、長谷部はベンチ外と見られる。

 その他日本人選手は、アウグスブルクと対戦するシャルケの内田篤人と、バイエルンと対戦するシュトゥットガルトの岡崎慎司が先発予想。同じくシュトゥットガルトの酒井高徳と、ボルシアMGと対戦するレヴァークーゼンの細貝萌がベンチスタート予想となっている。

 

[写真]=千葉格

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る